カードローンとは、銀行や消費者金融などによる、個人向けの無担保融資のことです。一般的には使い道は問いません。あらかじめ設定した貸付限度内であれば、利用者は自由にカードによってCD(現金支払機)やATM(現金自動預払機)から借入金を引き出すことができます。カードローンで事業資金をなんとかやり繰りしている中小・零細企業も多く、金融の潤滑油としての役割を果たしています。すなわち、金融機関から融資を受けられない中小・零細企業が経営者個人の名義によってカードローンからお金を借り、そのまま運転資金に回すのです。こうして、カードローンは、中小・零細企業にとって金融の潤滑油となっているのです。一方で、銀行が無担保で個人に融資する銀行カードローンでは、融資の総量規制がないので、過剰な融資が行われ、借り手が返済に苦しむおそれもあります。<関連:返済額を減らす

銀行と消費者金融の違いは何でしょうか?
消費者金融など、貸金業法下の業者に対しては貸し出しの上限を年収の3分の1とする総量規制があります。しかし、銀行のカードローンは貸金業法下にないため、この総量規制が適用されません。貸金業法の対象は財務局や都道府県に登録の貸金業者です。具体的には消費者金融、クレジットカード会社などであり、銀行や信用金庫、信用組合などは貸金業法の対象外です。これは、貸金業法の「抜け穴」と言われています。したがって、消費者金融などノンバンクは貸出上限に「個人の年収の3分の1まで」という総量規制が適用されますが、銀行には適用されないのです。こうして、各銀行は、日銀のマイナス金利により、経営環境が厳しさを増す中、無担保で個人に融資する銀行カードローン事業を強化ています。日銀の報告では、2017年3月時点の融資残高はおよそ5兆6000億円となっていて、5年前の1.6倍に増加しています。

このような貸金業法の抜け穴から、銀行から多額の借り入れをして返済が追いつかず、さらに借り入れを増やしてしまう人もいます。しかし、私の場合、カードローンはあくまで金融の潤滑油として、急場の必要があれば、カードローンを利用したいと思います。

親がお金で苦労していたのをずっと見てきたせいで、「お金の苦労だけはしたくない!」と思って大人になりました。
ですが、やはり親が私にとっては良い手本ではなかったため、社会人になってから浪費しすぎて借金を作ってしまいました。
給料をこつこつ貯めて物を買うのが当然なのでしょうが、欲望に負けてブランド物のバッグを購入してしまいました。
その結果給料だけでは生活することが出来ずに、お金を借りてしまいました。

お金を借りること自体は悪いことではないと思います。
ただ、そのお金の使い道が問題なのです。⇒カードローン使い方
本当にお金に困ってどうしようもないというシチュエーションの時に借りるのなら、それは悪い借金とは言えません。
ですが私のように自分の物欲を満たすためだけにお金を借りるというのは、借金自体が癖になってしまう可能性があります。
実際、一度お金を借りると次の借金へのハードルが下がってしまいました。
そういう借金は返済が辛いですし、後悔ばかりしてしまいます。

最初は10万円くらいのバッグの購入のために作った借金でしたが、お金を借りて欲しいものを手に入れることを覚えてしまい、結局最大で100万円近くの借金を作ってしまいました。
今になって思えば、その当時100万円で手に入れたものには満足感もなく大した価値もありませんでした。
お金を使うということだけに満たされていたのかも知れません。

今はお金をこつこつと貯めていますので、余程のことがない限りお金を借りることはないと思います。
車も購入しましたが、お金を借りるということが怖くて貯金の範囲内で購入できるものを買いました。
もし今後お金を借りるようなことがあるとしたら、不動産購入や教育費の不足分のためです。
不動産は多くの人がローンで購入するものですし、節税効果もあります。
教育費はもちろん準備もしていますが、予定より多く掛かる可能性もゼロではありません。
お金がないということを理由に、子どもに進路を断念させるわけにはいきません。
少なくとも私利私欲に走った理由ではお金は借りることはありません。

私がお金を欲しいと思うのは、欲しいものがあるときです。
普段は特に物欲が多いほうではないと思うのですが、無性にほしいものが出来るときがあります。
普段から貯金をしていれば、そんな時はすんなり買うことが出来ると思うのですが、私は根っからの貧乏性なので貯金があっても、購入する勇気がなくて「ああ、もっとお金がたくさんあれば悩まずに買えるのに…」と思ってしまいます。
貧乏性の人が物を買うというのは本当に勇気がいります。
なぜなら、失敗したと思ってももったいなくて壊れるまで捨てられないからです。
もちろん銀行の口座の残高が減ってしまうこともすごく嫌なんですけどね。
そして、貧乏性の上にミニマリストに憧れているということがさらなるストッパーになっています。
どうしてもお金が欲しいと思ったときは今まで以上に仕事に力を入れます。
そして先にお金を借りて働いたお金で返済します。今はキャッシングはすぐに借りることができます。(すぐに借りれる
今月はいくら稼いだという自信があれば、またこれだけ稼ぐことが可能なんだと思えるから少しくらい使ってもいいかと思えます。
それでも、お金を使わずに過ごしたいときはほかのもので代用できないかと考えます。
例えば、子供がリカちゃんハウスを欲しがっているとき、買ってあげたいけどお金がもったいなくて買えないという時は段ボールハウスを作ります。
きれいに家にある端切れなどでデコレーションしてあげるとそれなりのものが出来たりします。
一緒に作って子供には簡単な部分を作らせたりすると愛着がわくのか、そんな段ボールハウスでさえも大事にしてくれます。
意外とあるもので何とかなることって多いですよ。

第1子を妊娠したとともに会社を退職しました。前職は、エンジニアをしており、20代という若さでも結構なお給料をもらっており、家庭を養えるほどでした。

しかし、激務のため、妊娠中も働く自信がなく退職を決めました。なので専業主婦になってからは、お給料が発生する事なく、とにかく節約を毎日考えて実行しています。

「仕事を続けていれば・・・」と思う事も多く、結婚せず、そのまま仕事を続けている同期の生活ぶりを見て、うらやましく感じます。

結婚と同時に新居に移り、電化製品などを買い揃えました。結婚して10年になるのですが、その間、電化製品を買い替えた事はありません。

また、車を2台所有しているのですが、その車も10年前くらいに買い換えたため、そろそろ買い替え時となっています。壊れた順番から、買い換えていくつもりではあるのですが、とにかく今、お金がほしいと思っています。

<そんなときは!⇒⇒⇒キャッシング電話なし

2人の子供の養育費もかかるし、だからと言って子供はまだ小さく働きに行ける状態ではありません。「あの時、仕事を辞めていなければ・・・」という気持ちが強くなる事もあります。

また、最近は外車に乗っている人も多く、車の買い替えも考えている今、外車にも興味があります。「贅沢な生活をするためにお金がほしい」というのはわがままなのかもしれませんが、みんなが思っている事ではないでしょうか?

しかし、この欲求を抑える方法としては、とにかく「子供と一緒にいれる」という事だけです。産まれてから、小学校になるまで急成長をします。その期間、一緒に居れるなんてとても幸せな事です。

仕事をしていたら、そんなことできなかったし、今はお金では買えない子供との時間を作っているのだと考え、お金よりも大切な物を手に入れていると自分に言い聞かせています。

幼少の頃より経済的に苦労して育った私にとって、お金はとてもありがたいものであると同時に、災いの種でもあります。

私が幼稚園の頃までは父の事業がうまくいき暮らしぶりも良かったのですが、小学校に上がる頃、父が借金の保証人を引き受けた友人が夜逃げをして、何百万もの負債を父が肩代わりすることになりました。

そういう制度があるのは理解できても、その理不尽さは受け入れ難いものでした。

父が自分の努力で稼いだお金を、なぜ卑怯な男のためにすべて取り上げられなければならないのでしょうか?

借金をした本人がまず、死ぬほど働くべきではないでしょうか?

この負債のために父は働きすぎて体を壊し、何年もの間、生死の境をさまよいました。

おかげで今では身体障碍者です。

それもこれも、すべては自分で借りたお金を返さなかった一人の男が存在するせいです。

借金をする人は本当にだらしない人間だとつくづく思ったので、私はお金を借りることに人一倍抵抗があります。

一生借金などすることはできないし、ローンを組むのさえ嫌悪感があります。

 ⇒お金を借りるならどこがいい

一方、自分でお金を稼ぐことはとても好きです。

そのような家庭で育ったため自立心が芽生えるのが早く、二十歳の時には大学に行きながらある道のプロとして収入を得ていました。

誰より早く昇給し、誰より多く稼ぐことに快感を覚えるほどです。

通帳を眺めるのが楽しみでしたが、そうしているうちにふととてつもなく虚しい気持ちになるのは、そんなお金も一歩間違えば瞬時にゼロになるのを知っているからかもしれません。

私は新しいパソコンを購入するにあたってお金に困ったことがあります。パソコンというものは安価なものでも3万円近くするのに自分の財布の中にあるお金はたった5千円弱。全く足りません。

だけど当時使っていたパソコンはかなり古く、時々動きが重くなって非常に不便です。動きを良くするためにメモリの空きを増やしたり不要なデータをアンインストールしたり一度再起動させてみたりと色々工夫してみましたがそれでも限界があります。

最終的には変なエラーが起きたり電源が中々つかない等といった事態まで発生しました。修理に何度かだしましたがしばらくしたらまたおかしくなります。

最近はネットで何でも完結できる時代なのでパソコンのない生活は考えられないのです。カードローンでお金を借りようかと思いましたが踏みとどまりました。そういえば、このローンでさえネット完結できる時代なのですから。。。

結局一番の解決法は新しいパソコンを買う事、という結論にいたりましたが最初に書いたようにお金が足りません。

だけどそれなら仕方ないで済ますこともできません。パソコンが無ければ大好きなインターネットも出来ない、面白い動画も見れない。仕事も出来ない。パソコンは私の生活に絶対欠かせない大事な物です。

最終的に私は自分の貯金を少し崩してパソコンを購入しました。出来ることなら1円も崩したくない将来の為の大事な貯金です。ですが生憎お金を貸してくれる友人もいなかったため他に資金源がありませんでした。断腸の思いとはまさにこのことです。

私はお金を借りるということは悪い事ではない、と思います。ただ、限度は考えるべきとも思います。程々にしないとなんとしてでも近日に返さなくてはならない、という事態になって財布の中身を見たらぜんぜん足りない……、なんてことは想像するだけでも怖いです。

はじめまして、30代のフリーターです。
お金に縁の無い人生を送っていると、借金をした経験も何度かあります。
今まで僕がした借金の相手は、両親、友人、そして消費者金融です。
30歳も過ぎてフリーターをやっていると人格もいい加減に見られ、人からお金を借りるのも平気だろうと思われがちです。しかし僕は元来お金の貸し借りが大嫌いという性分でした。
借りられるのも嫌いですが、同じくらい借りるのも嫌いです。信頼を損なう恐れと、金銭的な借りを作ることへの抵抗があるからです。
しかしどうしても生活が苦しくて、今日食いつなぐのも厳しいという状況まで追い込まれた時、僕はまず両親を頼りました。親とは言えやはり良い顔はされませんでした。
次に頼ったのは友人。しかしその際、一番付き合いが長く信頼関係を築いている親友は避けた経験があります。僕は二番目に親しかった友人に借金しました。大親友にお金を借りてもし関係がギクシャクした時のことを考えるとすごくショックで、まあ友情はお金では買えないというか、そういう感情があったからです。
借金を語る上で、許せる借金と許せない借金があります。僕は親や友人を頼った時に「知り合いからお金を借りるのはやめよう」と肝に銘じたのです。
お金が原因で関係を壊したくない。それならば見ず知らずの他人である消費者金融で借りた方が何倍も気兼ねしないと思い知りました。
なので僕の場合は親や友人から借りるお金は「許せない」部類。金融業者から借りるお金は「許せる」部類と考えています。
最後の借金の相手は消費者金融でした。これもどうしようもなく生活が厳しいゆえの行動です。15万円借りたかったのですが、9万円しか借りられませんでした。フリーターで収入が少ないことが審査でマイナスに働いたのでしょう。
でも審査が早いのにビックリしました。
その金融会社は毎月の支払いが3000円からできるということで選んだのですが、僕が元金の9万円を返済し終えたのは3年以上経ったあとです。その期間払った利息は……もう言うのも嫌です。消費者金融の利息の高さに眩暈がしましたよ。
毎月の返済が少額で済むということは返済期間が長期に及ぶということで、利息がかさみます。
そんなことに今更気付かされるなんて本当に無知でしたね。

お金は必要な時は思い切って使う、貯める時は贅沢しないできちんと貯めるなど、その時の状況に応じてお金とはうまくつきあっていきたいなと思っています。

例えば友人や親戚、知人の結婚式、出産、新築祝などのお祝いごとでお金を使う時、また、大切な彼氏や友人、両親などにプレゼントする時にはお金を惜しまないです。

お金にルーズな人とは合わないなぁと思うことが多いですし、そういうタイプの人が友人だったり、彼氏だと付き合いをやめてしまいます。

私は計画的にお金を使うことが好きなので、お金に対してきちんとした人が好きです。

ただお金を貯めることに必死で、使う時に使わない人、ケチな人は好きではありません。

簡単にお金を貸してほしいとお願いしてくる人も嫌いです。

お金がほしくて借りるなら、カードローンなど銀行や業者から借りるべきです。
(例:http://www.seasonalbeerandfood.org/

例えば昔付き合った彼氏は、外食をすると常にきっちりと割り勘でした。

1円でもわけないとスッキリしないタイプです。

しかし私が今回は「おごるね」と言うと喜んで甘えてきました。

すごく嫌だなぁと思いました。

私の誕生日に夜ご飯を食べに行ったのですが、その時も割り勘でした。

しかもプレゼントは1000円のぬいぐるみだったんです。

社会人の女性、しかも彼女に1000円のプレゼントってびっくりしました。

私は彼氏の誕生日の時に、彼氏が欲しいと言っていたブランドの時計、3万円ぐらいの物をプレゼントしたんです。

また、すぐに「お金を貸してほしい」とお願いしてくる友人がいました。

1万円まで貸した時に、もうお金は帰ってこないとわかったので、疎遠にしました。

食べる事にすら困っていた時がありました。それは実家の父が入院していたので、私は入院費を送っていたのです。そんな時は、一人暮らしをしている私はとても困っていました。でも何もできませんでした。頼れる人もいなかったのです。私は一人暮らしをしていたので、自分で何とかしないといけなかったのです。

贅沢をしなければいいのですが、ちゃんと朝昼晩のご飯を食べないといけなかったのです。そんな時、冷蔵庫には何も入っていませんでした。そんな私を同僚はとても心配してくれたのです。

「お金貸そうか」と同僚のほうから言ってくれました。私はとても悪いとは思ったのですが、空腹に耐える事ができなくなっていたのです。だから三万円借りました。それが毎月当たり前になってきたのです。

多い時には七万円を借りた事もありました。お給料のほとんどを実家に送っていたのです。だから洋服一枚も買う事ができなくなっていたのです。

同僚は断ることなく、私にお金を貸してくれました。文句を言わず、毎月貸してくれたのです。それなのに、私は返済する事を忘れていました。それが当たり前になっていたからです。同僚は私の財布だと思えるようになっていたのです。

いけない事なのですが、同僚から申し出てくれたのです。だから私はその話にのっただけなのです。悪い気は全然しませんでした。あとからちゃんと返せばいいと思ったからです。でも今思うと、いけない事だったと思えるのです。